2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« SW-1 エンジン逝った? | トップページ | SW-1 クランクケース溶接 »

2010年9月12日 (日)

SW-1 クランクケース損傷

とりあえず、エンジン下ろしてチェックしようと思い、外装、マフラー、キャブなどを外していきます。

途中エンジンオイルも抜いておこうと思いドレンを外すと、綺麗なオイルが出てきました。

エンジン逝ってると思ってたので、鉄粉や金属片が出てくると思ってたのですが、なぜか普通のオイルだったんです。

もしかして?と排気や吸気ポートから覗いてみても、どこもおかしなところはありません。

しかしセルを回してもロックしているので、クランクを直接回してみたところ、引っかかりがありますが、くるんと回ったんです。

なんと!その後セルでエンジンかかっちゃったんです。

がしかし、かなりガラガラ音がひどかったので、すぐに止めました。

早速、ジェネレーターカバーを外すと、中は大変なことになってました・・・。

Blog_588

こちらスタータークラッチです。

ワンウェイ部分がひどいです。ワンウェイのボルト3本が折れてこうなったと思われます。

そして

Blog_587

クランクケースが削れて切り粉がすごいです。

折れたボルトが暴れたんでしょうね。

Blog_596

さらにオイルラインに穴があいています。

これが致命傷ですね。

クランクケース新品交換の見積もりを出そうと思ったら、すでに廃盤でした。

これは厳しい。どうしましょ・・・。

つづく。

« SW-1 エンジン逝った? | トップページ | SW-1 クランクケース溶接 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547874/49429049

この記事へのトラックバック一覧です: SW-1 クランクケース損傷:

« SW-1 エンジン逝った? | トップページ | SW-1 クランクケース溶接 »